【英語ができない人向け】苦手でも点数をアップさせる方法

英語ができないけれど点数をアップさせたい!苦手で何から手をつけたら良いのか分からない!という場合にこの勉強方法を試してみてください。

まずは習慣づけから

英語の勉強を全くしていなかったのに急に何時間も一気に勉強することはなかなかできることではありません。まずは英語の勉強をすこしで良いので継続させられるようにしましょう。

とにかく単語を覚える

まずは英語が苦手だと感じる場合、勉強方法の良し悪し以前に、暗記する単語量が単純に足りていないことが大きな要因として挙げられます。

まずは、教科書に出てくる単語をとにかく覚えましょう。この時、最初に文字だけ見てもなかなか覚えることができないので、単語帳を1冊買い、付属しているCDを聞きながら覚えていきます。まずは耳で聞いて単語帳を見ながら英語に慣れるということに重きを置いて学習を継続させていきましょう。

たとえば単語のテストがあるときなどは出題範囲をすべて覚えなければなりません。耳で聞いて口で言いながら単語を見る、というように覚えていきましょう。

基本文を覚えよう

まずは教科書に載っている基本文を覚えましょう。学校のテストなどでは学校の授業で習った文章がでてきますから、基本文を暗記してしまいましょう。このときただ覚えるだけでなく、出てくる単語や文法の使い方なども同時に覚えます。

教科書を覚えてしまおう

学校のテストでは、教科書の本文から問題が出題されます。学校の定期テストであれば教科書を丸暗記してしまえば、内容理解を問う問題や、穴埋め問題並べ替え問題に対応することができます。もちろん、文章の意味を考えながら、文法の意味を理解して暗記することが大切です。

配布プリントや問題集を解く

教科書の他に授業で使っているものがあればそれらを活用しましょう。配布プリントはまず見直しをします。問題集を解いてみて間違えたところがあれば再度学習しなおしたりノートを見返してみたりしましょう。

まとめ

英語ができないと思っても、これらを順番にクリアしていけば少しずつ点数をアップさせることができるようになります。これらが慣れてくるともっとレベルアップした学習ができるようになりますから、まずは英語に慣れるところからはじめていきましょう。

前の記事

英語の授業の受け方のポイント